金利も交換することになるのは当たり前

金利も交換することになるのは当たり前


金利も交換することになるのは当たり前
これからのFX取引で儲けるためには知っておく必要があります。
すでにご存知の方もいるかもしれませんが、初心に帰ってこちらで勉強してください。

通貨の金利の差額分となるのがスワップ金利として清算をされていくこととなります。
金利の安い通貨と金利の高い通貨を購入することによって、金利差の差額分をスワップ金利として受け取ることが可能です。
そもそもスワップ金利というのは、異なる2種類の通貨を売買することで生じる金利差のことを指しています。
通貨を交換する取引でしたら当たり前のことですが、金利も交換することになります。

FXは購入した通貨の金利を受け取る権利、そしてそれを売った通貨の金利を支払う義務が同時に生じます。
まさにこのことがFXにおける最大の魅力と言っても過言ではありません。



金利も交換することになるのは当たり前ブログ:2018/12/16

おいらたちのからだは大腸から水分を取り、
それを腎臓に送り、腎臓で水を濾過して、
全身に水を供給しようとする。

そのため
大腸に老廃物や毒素が溜まっていると、
からだの調子を崩し、病気になりやすくなる…

キレイな水を使えないからこそ、
細胞自体が弱ってしまい、
免疫力を大いに減少させてしまうのである。

特に恐ろしいのが、
脳は最もキレイな水を使う器官なので、
お子さんが便秘をしてしまうと、
脳は汚い水を使わざるを得なくなり…

それで脳が異常になってしまい、
とにかく母の言うことを聞かない
お子さんになってしまう。

排便が快調なお子さんほど
母に対しては素直なのだが、
便秘をするとそうではなくなってしまうのだ。

お子さんが便秘になる最大の要因は、
排泄をしていないのに、
母が無理矢理に
朝食を食べさせてしまうことにある。

大人は朝の排便が
習慣づいているかもしれないが、
お子さんは朝の排便が習慣づいておらず、
朝の排便は遅れがち…

しかもお子さんは
母よりも遅く起きるので、
充分に重力を使うことができず、
排便が困難になってしまうことが多い。

排便をしていないのに朝食を食べてしまうと、
食べる事の消化吸収のために排泄が阻害されてしまい、
途端にウンチが出なくなってしまう。

そうなると
内臓は排便のタイミングを失ってしまい、
午前中ではない別の時間で
排泄をせねばならなくなる。

しかし
そういう時間帯は食べる事をするから、
結局、排便することができず、
便秘になってしまうのである。

なので、母は、
お子さんが朝の排便をしない限り、
絶対に朝食を与えるべきではない。

子供にとっては
朝の排便こそ
非常に大事な仕事なのである。

金利も交換することになるのは当たり前

金利も交換することになるのは当たり前

★メニュー

金利も交換することになるのは当たり前
多くのFX会社ではスワップ金利という言葉を使用
顧客資産を分別管理しているか
債権者による資産差し押さえから保護
円高が進みそうなら決済
差金決済方式を知っておこう
FX取引の『取引通貨単位』
為替と株価というのはFXにおいて大変重要
証拠金とレバレッジ設定
運用資金の何倍もの取引が出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)私の理想のFXガイド