FX取引の『取引通貨単位』

FX取引の『取引通貨単位』


FX取引の『取引通貨単位』
初めてFXの取引をしようと考えている人はまさに必見です。
FXを成功させるためにも覚えておかなければいけない大切なこととなります。

10万円通貨を取引する場合におきましては、「10万通貨×100円=1,000万円」となります。
また1万円通貨を取引する場合には、「1万通貨×100円=100万円」ということになります。
FXの取引する際の通貨単位が大きくなればなるほど扱う金額が大きくなってきて、多くのFX会社におきましては、基準となる取引通貨単位が儲けられています。
そして、それらの単位以下のお取引をすることは不可能となります。

FX取引におきましては「取引通貨単位」と言われているものがあります。
1ドルを100円として例えてみますと、わかりやすく理解することが出来るハズです。



FX取引の『取引通貨単位』ブログ:2018/10/16

妻が娘の長い休みを嫌う理由の一つは、
24時間三度の食事の用意です。

食事の時間前になると、
娘たちは「今日はなに?」と
妻に献立を尋ねています。

フクロの味ではなく、
おフクロの味にこだわっている妻にしてみれば、
自業自得なのですが、
口で言う割には楽しんでいるように見えます。

外では12時になると
「今日は何を食べようか」と迷いますが、
それは主にオカズの選択です。

美味しいのはオカズであり、
ライスは味もそっけもありません。
ですからオカズが関心事になります。

ところで
オカズは日々同じものだと必ず飽きてきますよね。
どうしても日替わりが必要になります。
それがママの重荷になるわけです。

美味しさには飽きがくるという宿命がありますが、
それを回避するために別の美味しさを求めるようになります。

甘いものの次は、辛いものといった食べ方です。
残り味を別の味で打ち消していこうとすると、
やがて味はだんだんに濃くなっていきます。

主食であるライスには味がありません。
だから、決して飽きずに日々食べられるのです。

オカズを食べたら次にライスを食べる…
ライスで味覚をぬぐうようにすれば、
次に食べるオカズが薄味であっても
十分に美味しく感じられます。

ライスは味のご破算をしてくれる役割を担っているんですね。
味がない状態に常に戻ることが、味覚を洗練するコツです。

食事に限らず、
日頃から面白いことばかり追い求めていると
気づかないうちに過激になっていき、
洗練された感性からはぐれていって、終いには中毒状態に…

感受性を磨くには
感じない状態を保つ努力が必要だと思います。
FX取引の『取引通貨単位』

FX取引の『取引通貨単位』

★メニュー

金利も交換することになるのは当たり前
多くのFX会社ではスワップ金利という言葉を使用
顧客資産を分別管理しているか
債権者による資産差し押さえから保護
円高が進みそうなら決済
差金決済方式を知っておこう
FX取引の『取引通貨単位』
為替と株価というのはFXにおいて大変重要
証拠金とレバレッジ設定
運用資金の何倍もの取引が出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)私の理想のFXガイド